消防法について

建物を火災から守る法律があります

消防法の目的

消防法とは、火災から国民の命・財産などを守るべく制定された法律です。
主に消火活動に関する部分や火災予防、設備などに関連する法律が定められています。
目的は以下の3点を適切に行い、安寧秩序を保持しつつ、社会公共の福祉増進に資することです。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。

火災の予防

生命と財産などを保護する
生命と財産などが失われてしまう火災を未然に防ぐことも、消防法の目的に含まれます。最も大切なことは“火災を起こさない”ことです。

火災による被害の軽減

災害が起きても最小限に留める
火災は自然災害がきっかけで発生することもあります。万が一火災が発生してしまったとしても、最小限に被害を留めることが大切です。

傷病者の搬送

生命を守るために適切な搬送を
火災は生命に危険をもたらしてしまうものです。消防法では、災害での傷病者の搬送が適切に行われるよう定められています。
項目を追加

漫画で解説消防法

主な消防用設備

火災を食い止めるために、消防用設備を備えましょう

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。

消火栓

消火活動に必須となる水を供給
消火活動には“水”が欠かせません。火災現場ですぐに水を供給できるよう、建物の内部や外に設置されています。

消防水利

消火栓も含む消防水利で被害軽減
消防水利は消火栓や防火水槽、河川、井戸なども含まれる、消防活動を行うための設備です。消防水利を活用し、被害を最小限に抑えます。

スプリンクラー

火災をいち早くキャッチ
火災が発生した時、いち早く感知して自動的に消火活動を開始します。工場や病院、百貨店など、多数の命に関わる場所に設置されます。
項目を追加

災害予防

万が一の災害に備えて、日頃から予防することが大切

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

防災・避難訓練

災害時の対応を訓練で身に付ける
災害はいつ何時襲い掛かってくるか分かりません。そのため、定期的に防災・避難訓練を実施し、発生時にはどのような対処・行動を取ればいいのか身に付けておくべきです。防災訓練では消火器を使った消火活動の体験なども行われます。

防災準備

避難後を考えて持ち物を用意
普段から防災に対する意識を強めておくと、万が一発生した時でも万全に対応できます。例えば防災準備として、飲料水や食料品、救急用品、ラジオ、衣類、衛生用品などを用意しておけば素早く避難所へ移動できるでしょう。
項目を追加

災害時

災害時、迅速に安全を確保するための動きが求められる

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。

災害対策本部

地域を守り、住民の混乱を防ぐ
災害対策本部は、災害が発生した時、もしくは災害が起きる可能性が高い場合に、国や地方自治体に置く機関を指します。

交通規制

交通を規制し、未然に事故を防ぐ
災害時、道路上で危険がある場合に行う規制です。例えばがけ崩れの危険性がある場合、交通規制を行って被害を出さないようにします。

広域難場所

住民が安心して避難できる場所
広域避難場所は各自治体で決められた避難場所です。大人数収容できる場所、例えば大規模な公園や団地、大学などが指定されます。
項目を追加